北海道地震による配送への影響について>

五十嵐カノア初戦、村上舜がセカンドハイエスト「ISAワールドサーフィンゲームス」コンテスト2日目 by THE SURF NEWS

2018年9月17日


「2018 アーバンリサーチ ISAワールドサーフィンゲームス」のコンテスト2日目が終了。

昨日引き続き天気に恵まれ、今朝の波は、フェイスもクリーンになり、サイズも落ち着いた。男子ラウンド1の第29ヒートからスタート。

五十嵐カノアは、自身の初戦となるR1第32ヒートで9.17のエクセレントスコアを出し、ビーチに駆け付けた大勢のギャラリーから歓声が上がった。

昨年の2017ISAジュニア大会の優勝者であるイグナシオ・グンデセン(アルゼンチン)相手に、バックアップスコア7.17も決め、トータル16.34で1位通過。

Photo: THE SURF NEWS

ラウンド2もトータル11.74ptで、ラウンド3に順調に駒を進めた。

ヒート終了後のインタビューでは、「試合は長いので今はまだ40%くらいの力でやってる、最後に力を出し切れるように頑張りたい」とコメントした。 

Photo: THE SURF NEWS

村上舜はR2で、今大会のセカンドハイエストとなるトータル15.44ptをマークした。

Photo: THE SURF NEWS

 

 

「2018 UR ISAワールドサーフィンゲームス」コンテスト2日目ハイライト動画および2日目の結果スコアはTHE SURF NEWSページにて!

 

この記事はTHE SURF NEWS編集部記載のものを許可を得てQuiksilverが転載しています。