波乗りジャパン × 大野 “Mar” 修聖 TOKYO2020に向け自分ができること。

2018年8月31日


TOKYO2020に向け、プレイヤーとして出場を目指しながら、波乗りジャパンのキャプテンを務める大野 “Mar” 修聖。9月15日~9月22日に愛知県田原市で開催されるISA世界サーフィン選手権「ワールド・サーフィン・ゲームス 2018」では、チームスタッフとしての参加も決まっている。プレイングマネージャーとして、選手と裏方の両方でチームに関わるマーに、これからの波乗りジャパンでの活動について話しを聞いた。

 

Q. 波乗りジャパンのキャプテンとしての役割を教えてもらえますか?


自分もまだプレイヤーとしてやっているので、選手とコーチの架け橋になれればと思っています。スパーリングパートナーというか、自分も現役選手として彼らと一緒にサーフィンをすることで、自らのスキルアップにも繋がるし、モチベーションも上がるのでいいんじゃないかと思いますね。役割は、ひとつのことに集約できないんですけど、選手の相談役だったたりとか、チーム全体の流れだったり。雰囲気作りというか、もう全部ですよね。全部を含めたうえで選手に近い立場として、コミニケーションだったり、今までの自分の経験が活かせればいいんじゃないかと思うし、またここから得るものも大きいと思います。コーチのウェイド・シャープさんは、アフリカの人なので、会話などコミュニケーションの部分もサポートできたらと思ってます。彼はジャッジとしての経験も豊富な方なので、そういう目線と僕たち選手からの目線と、そのあたりのバランスもとれたらいいのかなと。

 

Q. 今の波乗りジャパンのチームに必要な部分だったり、今後重要視していくことはありますか?


9月のISAで、波乗りジャパンに必要なことが色々と見えてくるんじゃないですかね。

 

Q. ISAの大会は、チームスタッフとして参加されますよね?この大会ではどんなことをサポートしたいですか?


9月が本当の意味でのスタートだと思います。自分がどういう立場で行くのかオープンでいたいですよね。どういうことを教えるとか、そういうことじゃなくて。選手たちからの意見をレシーブして、それをチームとしてどうやって消化していくのかってところをしっかりと考えていく。

 

Q. プレイングマネージャーの立ち位置って、選手たちにとってはとても大事な存在になるでしょうね?


チームをサポートするスタッフさんと選手の間で、できることって沢山あるんじゃないかなと思ってるんです。正直まだ具体的にはわからないですけど、でも自分の役割ってそういう部分だと思うんですよね。

 

 

Q. ISAの選手委員会が発足して、日本国内の選手委員会の議長に選ばれていますね。その具体的な役割はどんなことですか?


ISAの選手の声を協会に届けるっていう役目です。例えば、協会から「選手側の立場で、サーフィン・ゲームスをどうしてほしい?」って聞かれるとします。それを吸収して選手たちとキャッチボールをして、「選手側の意見としてはこうです」っていう声を協会へ届けることなど、選手と協会が平等な関係でいるためのコミュニケーションのサポートですね。協会側から色々な情報が僕のところへ届くので、それを選手に届けて、プレイヤー目線で逆に協会に届ける。そんな役割です。

 

Q. 9月のISAで、波乗りジャパンの日本代表派遣選手が選ばれましたね。この大会で、選手たちに何を期待しますか?


コミュニケーションがバッチリ取れるチームになってくれたらいいなと思います。普通サーフィンの大会って、基本個々じゃないですか。でもISAの大会ってちょっと違って、国のチーム優勝もあるので、それっておっきいですよね。だから、チーム間のコミュニケーションが大切になってくると思うんです。そういう意味でいいチームになって、それがTOKYO2020オリンピックに繋がればいいなと思います。

 

Q. 2020年に向け、波乗りジャパンに対する今後の目標があれば教えてください。


僕はまだプレイヤーとしても狙ってますよ。それとともに、スタッフとしてもしっかりと波乗りジャパンをサポートしていきたいと思っています。

 

波乗りジャパンのキャプテンとして、プレイヤーとスタッフの両面からチームをサポートする大野 “MAR” 修聖