KANOA × ISA WORLD SURFING GAMES 2018 日本代表としての決意。

2018年8月31日


9月15日~9月22日に、愛知県・田原市で開催されるISA(国際サーフィン連盟)が主催する世界サーフィン選手権「ワールド・サーフィン・ゲームス 2018」。この大会に ”波乗りJAPAN” 日本代表派遣選手として選ばれた五十嵐カノア。日本代表としてチーム優勝を目指す彼に、今大会への意気込みを聞いた。

 

 

Q. 9月に開催されるワールド・サーフィン・ゲームスの会場、伊良湖(ロングビーチ)で、実際にサーフィンをされたことはありますか?また日本の波はどういう印象でしょうか?


伊良湖の波は映像では見た事がありますけど、実際にそこでサーフィンをしたことがありません。でも、僕も子供の頃から沢山日本に来ていて、千葉の波とかでいつもやっているので、日本の波質はだいたいどういう特徴なのかを知っています。やっぱり世界中それぞれの場所によって波の違いがあって、オーストラリアにはオーストラリア独特のスピード感があったり。もちろんポイントにもよりますけど、日本の波はカリフォルニアの波にすごく似ている印象です。ただもう少し弱い波質で乗りづらいというかオリジナルな波質で、もうちょっと違った乗り方があるんですよね。

 

 

Q. このISAの大会に日本代表として出場することが決まりましたね。今はどんな気持ちですか?大会への意気込みを教えてください。


日本で開催されるISAの大会はすごく楽しみにしていますし、金メダルを取るために頑張りたいです。僕も今はTOKYO2020オリンピックに向けての準備をしています。その中で、ISAの大会は国対国っていうオリンピックに似ているフォーマットなので、こういった大会はサーフィンにはあまりないので、日本で9月にやるのはとても良い練習になると思うんです。

 

Q. 国別でリザルトがでますからね。


一緒に出場する波乗りジャパンのチームメイトも、日本の波を良く知っていると思うんです。だから金メダルを取るのも、本当に掴める目標だと思っています。2020年に近づいてきている中で、TOKYO2020オリンピックで金メダルを取るのがやっぱり一番の目標なので、この大会で良い結果を残して、周りの選手たちにも日本は金メダルを取れる実力なんだって感じてもらいたいですね。

 

Q. 今の波乗りジャパンチームをどう感じていますか?


本当にトップレベルの日本人サーファーが増えてきたと感じています。9月のISAの大会や、オリンピックが開催される日本の波ではすごく強いと思うので、金メダルを取れるチームだと思いますね。目標を成し遂げるために、まずはISAの大会で、ヒロト(大原洋人)や、シュン(村上 舜)たちと一緒にできるのを楽しみにしています。QSのイベントを見ていても、友達のカイト(大橋海人)やタクミ(仲村 拓久未)も本当にトップレベルのサーフィンをしています。これからどんどんオリンピックに向けてレベルアップしてくると思うし、自信をもっとつけてくると思うので楽しみですね。