北海道地震による配送への影響について> 【9/25 (火) 12:00まで!】
全品送料無料キャンペーン延長決定!! >
会員特典1,000円ギフト券&後払い手数料無料 >

My Thoughts. ボードショーツ #3 Micro

2018年5月17日


 

クイックシルバーとのつながりが深い4人が統一キーワードをもとに、リレー形式で語っていく「My Thought」。3周目のテーマはボードショーツ。夏は1日中ボードショーツだけで過ごすことも少なくないというMicroのこだわり。

Q Microさんが理想的だなと思うボードショーツについてお聞かせください。

 

  去年もそうだし、今年も感じたことなんですけど、濡れたトランクスがあっという間に乾いちゃう。その速乾性に驚きました。あとはフレキシビリティの伸びも。ここ数年のクイックシルバーの進化が劇的すぎて。ほんとうに調子がいいんですよね。

暑い時期は、パジャマの代わりにトランクス一丁で寝ちゃうことも多いくらい。シャワーを浴びたあとにアンダーウェアを着る必要もないし。近場のショップくらいならその格好のまま。夏は1日中ずっとボードショーツのままで過ごしちゃうかもしれないですね。すぐに乾いてよく伸びるやつが出てきてからは、ホントに楽だから。

日本でレコーディングをしていると、深夜までとか、次の朝までずっと続いてしまうんです。だけど、ハワイにきているときは集中できて。夜の7時までに終えて、そのあと友だちとちゃんとご飯を食べるという、すごく人間的なライフスタイルを送れるんですよね。そして翌朝は、朝イチから昼イチ前までサーフィン。海から上がってきたらドボンっとプールに飛び込んで、そのまま過ごすことも多い。近頃はフォーマルなデザインもあるし、そのままTシャツを羽織って生活しちゃっていたな。去年はとくに。

 

 

Q 好きなカラーやデザインはありますか?

 

  ぼくはカノア(五十嵐)のシグネチャーモデルが気に入っています。自然なものとアシンメトリー(非対称)なものとが3パターンぐらいに分かれているデザイン。ベース色が緑色のやつですね。次のシーズンでは青色ベースになっているのかな。パームツリーのような木のパネルと、柄になっているパネル、もうひとつ別のパネルの3段階に分かれているデザインのやつですね。

あと2018年には、デフテックのシグネチャーが出るんです。Micro・モデルとShen・モデル

 

Q そうでしたか。Microさんはシンプルなデザインよりは、柄が入っているトランクスのほうが好きなのですね。

 

そうなんです。普段着ているファッションが黒だったり、グレーだったりと、すごくシンプルな色合いのものがほとんど。だから、夏のボードショーツだけはすごくド派手なカラーリングなタイプを選びたくなっちゃうんです。

 

【プロフィール】

Micro

1980年生まれ。東京都出身。ハワイ出身のShenとの音楽ユニットDef Techのキークリエイター。 2005年リリースのファースト・アルバム『Def Tech』は、飛躍のきっかけになった楽曲 "My Way" が収録されていたこともあり、250万枚超のダブルミリオンを販売。歴代インディーズ作品のセールス記録を塗り替えた。以後、自由な音楽活動を続けながら、近作『Eight』など8枚のオリジナル・アルバムを発表。その一方で、2015年には自身初となる単独野外ライブを開催したほか、ハワイや台湾などでも公演。昨年行われた国内ライブツアーDef Tech "IAPANA" Tour2017では、北は北海道から南は沖縄まで、全国17の会場でメッセージを届けた。